ブライダルシェービング

ブライダルシェービングとは、産毛やムダ毛を取り除き、挙式当日のメイクの仕上がりや、ウェディングドレスを美しく着こなすための「ブライダルケア」の一種。

いまやエチケットとして、顔の産毛処理は必須。肌の透明感がアップしたり、化粧水が浸透しやすくなる事で化粧ノリもアップし、仕上がりが大きく左右されるほどに。

最近では、露出が大きいドレスが多い事から、背中やうなじのシェービングケアも忘れてはなりません。素敵に見える後姿や、美しいアップスタイルでゲストを魅了しましょう。

肌の状態やスケジュールに合わせ、どこから見られても綺麗な肌で最高の日を迎えましょう。

ブライダルシェービングは何のためにするの

挙式や披露宴で注目される花嫁は、様々な角度からゲストの視線が集まります。

ブライダルシェービングの一番の目的は、化粧ノリが良くなり顔がキレイになる事。他にも、自分では処理できない、背中や二の腕もお願い出来るので、スポットライトに照らされても、肌表面の凸凹が少なくなる事で、くすみが目立たないという嬉しい効果もあります。

当日は、式場に手配したカメラマンが撮る写真やビデオ、ゲストが撮るスマホやカメラで写真を撮られるのでパーフェクトな状態にしておきたいものです

余談ですが、カメラマンのカット数は最低200~400枚程度。多い人では1,000カット以上になる事もあるので、産毛やムダ毛の処理が甘かった…なんて事にはならいないように気を付けましょう。

ブライダルシェービングはやったほうがいいの?

ウェディングドレスは露出が多く、終始ライトを浴びる花嫁は、普段なら気にしない部分でも産毛が目立ってしまいます。そんな事態を防ぐためにもシェービングは必要です。

肌の状態が敏感な人は注意が必要です。アトピーや生理前・生理中には、肌が過敏に反応してしまい肌トラブルの元になる事も。本格シェービングでは剃刀負けをしてしまう人もいるので、電気シェーバーを使ったソフトシェービングをおすすめします。

余裕があれば、早い時期にお試しシェービングで肌の状態を確認しておくことでトラブルと未然に防ぐことができます。

「後からやっておけばよかった」と思う人もいるので、式場のメイク担当や専門のサロンで相談してから、ブライダルシェービングを受けるかどうか決めれば後悔する事はありません。

ブライダルシェービングの5つのメリット

ファンデーションのノリがよくなる

肌の表面には、ベールのように覆われた産毛がたくさん。照明に照らされる事で、キラキラと顔が光ってしまう原因がこの産毛です。

自分で気づかないだけで人の目につきます。産毛を取り除くことで肌の凸凹がなくなり、ファンデーションが均一になじむことで、化粧のりがよくなり自然な透明感のある肌になります。

古い角質を除去し肌のターンオーバーを促す

肌の表面に古い角質が溜まる事で、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の周期が乱れ長くなってしまうのはご存じでしょうか。

プロの本格シェービングは、表皮に溜まった角質を落とす「ピーリング」効果があるので、肌のターンオーバを促し、肌が活性化されます。シェービングによって産毛だけでなく、老化角質を取り除くことで美肌効果だけでなく、肌環境を根本から整える事ができます。

顔の角質を取り除くフェイシャルケアとしてエステサロンでも注目されています。

肌のくすみがなくなり肌のムラがなくなる

欧米人の体毛は、金色や茶色が多く肌の上でも目立つことはありません。しかし、日本人の体毛は黒いので、肌の上では毛量が少なくても自然と目立ってしまいます。

シェービングによって産毛を根本から処理する事で、くすみが消え普段よりトーンアップした白く美しい肌を見せる事ができます。

皮脂分泌のトラブルと毛穴の対策

毛穴に老廃物が溜まったり、皮膚が硬化する事で毛穴が詰まったりする事で、本来分泌される皮脂が毛穴に溜まり炎症を起こしてしまいます。

シェービングをする事で、硬化した角質を剥がす事ができるので、毛穴の詰まりが解消され肌トラブルの改善につながります。

自分では難しい口周りや、小鼻といった立体的な部分の処理もお願いできるので、いちご鼻の方は一度シェービングを受けてみてはどうでしょうか。

適度な刺激で肌のハリと潤いを促進

本格シェービングには、肌の血行を促進する効果もあります。

顔の肌に剃刀から伝わる微量の刺激を与える事で、血液がしっかり循環し老廃物が流れむくみやクマの解消に繋がります。フェイスラインもスッキリし自然に表情も明るく感じられます。

エステサロンでのシェービング

今では理容室だけでなく、エステサロンやブライダル専門店でシェービングを受ける事が出来ます。

シェービングのという点において理容室との違いはありませんが、

・パウダールームやカウンセリングといった女性への気配りが万全

・和装や、ウェディングドレスから見える部分のシェービング

・産毛を処理した後の、プロが使用する保湿ケア

このようなサービスを受ける事が出来るので、挙式までバタバタな花嫁も、仕事帰りにサロンに行けることや、専門店での女性特有の肌の状態について相談する事ができます。

ブライダル専門店であれば、同じような悩みを持った女性も多いので、施術数も多く安心してお願いする事ができます。

女性が多いエステサロンでは、他の方の悩みや意見も聞けるのがポイントです。理容室がダメという訳ではありません。

ブライダルシェービングの種類

シェービングには、電気シェーバーを使う「ソフトシェービング」と剃刀を使った「本格シェービング」の2種類に分けられます。

ソフトシェービング

家電量販店で販売されている電気シェーバーを使ったシェービング行為の事。市販のものよりは理容質やエステサロンで使用されている物の方が性能がよく肌が弱い人も使う事ができます。剃るというよりは、肌の表面にある産毛を刈るイメージです。

メリット

・市販のシェーバーを買って、友人や母親に処理をお願いする事が出来る。

・剃刀負けしてしまう肌が弱い人でも、産毛の処理が出来る。

・日程の関係で本格シェービングが出来なくても、直前に行える。

デメリット

・刃先が直接当たらないので、短い毛を処理する事が出来ない。

・人より毛の濃い人は、毛の表面が露出してしまう毛が目立つこともある。

本格シェービング

メリット

・毛の根元まで刃先が届くのでソフトシェービングよりも肌に透明感が出る。

・古い角質も取り除いてくれるので、くすみがなくなり肌のトーンも上がる。

・小鼻や耳、デコルテといった普段処理しない部分もシェービング可能。

デメリット

・アトピーや敏感肌、肌が弱い人は剃刀負けをおこしてしまう事がある。

・金属アレルギーの人は、肌荒れを起こす可能性がある。

このように本格シェービングも、ソフトシェービングも一長一短あります。おすすめするのは本格シェービングですが、日程や肌の状態をよくみてどちらのシェービングにするか決めましょう。