ブライダルエステと美容皮膚科の違いやメリットを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

女性にとっては、人生最大のイベントといってもいい結婚式。 だからこそこの日ばかりは「一番綺麗な自分でいたい!」そう願う女心は当然ですよね。

そのための手段としてよく聞かれるのは「ブライダルエステ」です。結婚情報誌でも特集が組まれるなど、プレ花嫁にとっては結婚式の準備の1つとして欠かせない工程です。

しかし近年ではブライダルエステ同様に「美しくなる手段」の1つとして、美容皮膚科が注目されているのをご存知ですか?

「自分が満足する最高の花嫁姿を叶えることができる!」ともいわれる美容皮膚科。大掛かりな外科的手術を行う美容外科に比べ、皮膚科の観点から比較的利用しやすくプレ花嫁の中でも話題になりつつあります。

これから結婚式を控え綺麗になるための方法を探しているプレ花嫁の皆さん、注目です! 今回はブライダルエステと美容皮膚科の違いやメリットについてご紹介します。

美容皮膚科とブライダルエステの違いとは?

まずは、美容皮膚科とブライダルエステの具体的な違いについてご紹介します。

医師が「美」を目的とした医療を行う美容皮膚科

一般的に医療とは怪我や病気を治すためのことを指しますが、美容皮膚科の場合の目的は医療の観点からの「美」の追求。

美容皮膚科では、ブライダルエステで使用するよりもパワーのあるマシーンを使い肌の悩みに対して効果的に治療していきます。

更に、使用する美容成分はブライダルエステのものに比べて濃度も濃く、高い美容効果が得られるというメリットも。また、施術に合わせて内服薬を使うなど、体の外側と内側の両方から医療的観点に基づいてアプローチを行います。

これらのことから美容皮膚科はブライダルエステに比べ、早く的確に効果が出るというメリットがあるといわれています。

また肌がもともと弱い人も医師が常駐している美容皮膚科なら、トラブルにも即対応してくれるので安心ですね。

美しさとリラクゼーションを求めるならブライダルエステ

「美」を目的にしているのは、美容皮膚科と同じブライダルエステ。「結婚式」というゴールに向けて美しさを追求します。

カウンセリングや施術は医師ではなくエステティシャンが担当。そのため美しくなるための手段として、美容皮膚科で医師が使用するマシーンや薬などに比べると効果は軽減されてしまうのは否めません。

ただ、ブライダルエステのもう1つの目的はリラクゼーションです。美容皮膚科の中には、簡易ベッドで施術が行われるなど、心地良さの追求はされない美容皮膚科も。

一方エステサロンは、リラクゼーションを提供する場でもありインテリアにこだわりベッドも心地良さ優先。結婚式を控えて、準備に奮闘するプレ花嫁にとっては嬉しい癒し空間がブライダルエステにはあります。

ストレスは美の大敵。ブライダルエステではその観点からも花嫁を綺麗にするお手伝いをします。

少ない回数で高い効果。美容医療は花嫁の心強い味方!

メディカルエステともよばれる美容皮膚科で行われる美容医療。最近では、美容皮膚科が取り扱っているメニューの中にも、結婚式を控えた花嫁向けに「ブライダルコース」を用意する美容皮膚科も増えてきました。

顔のシミやくすみ、ニキビなどの悩みだけではなく、二の腕や背中やウェストの引き締めなどボディ全体をケアし、結婚式当日は360度どこから見られても美しい花嫁でいられるための内容になっています。

ブライダルエステと同じようなメニュー内容に加え、更に医師の医学的見知から安全かつ短期間で結果を出すことのできるという、プレ花嫁にとっては嬉しい内容になっています。

施術を受ける際の注意点

施術効果が高く、綺麗になりたいと強く願うプレ花嫁にとってとても魅力的に思える美容医療。しかし、施術を受ける前知っておいて欲しい注意点もあります。

施術前にしっかり確認しておきたい【ダウンタイム】

「ダウンタイム」という言葉を聞いたことはありますか?これまで、美容医療を受けたことのないプレ花嫁には聞き慣れない言葉かも知れませんね。 美容医療の分野ではよく使われ、今後美容医療を受けるにあたり知っていて欲しいキーワードです。

ダウンタイムとは施術してから、回復するまでの期間のことを指します。 ダウンタイムの症状は大きく3つあります。

赤み

ダウンタイムの症状の中でも、比較的軽い症状です。ある程度はメイクで隠すことも出来、日常生活に大きな負担になることはありません。

青あざ(内出血)

注射などの後に、直後ではなく数日後に出る場合があります。内出血の程度や広がり方には個人差があります。1週間程度で消えることが多い症状です。

腫れ

治療方法によって腫れる程度にはかなりの差があると言われています。

美容外科のようなメスを使用する手術後の場合、ダウンタイムは数ヶ月に及ぶことも。しかし、メスを使用しない場合には、数日で解消する場合もあります。

このように、施術内容や個人のコンディションよってダウンタイムには大きな差があります。施術前にしっかり医師と相談の上、ダウンタイムの見込みを立てて施術スケジュールを組むようにしておきましょう。

ブライダルエステ同様に価格の安すぎるクリニックは注意

美容皮膚科は医療機関ですが、保険適用外の施術も多くあります。なぜなら通常、健康保険とは病気や怪我などを負ってしまい、正常な日常生活を送れない人が受ける医療に適用するものです。

美容医療においては、治療をうけなくても日常生活を送ることが出来、必ずしも必要であるものとはいえないからです。

そのため美容皮膚科で受ける施術費用の多くは、全額自己負担になってしまいます。

保険が適応されない美容皮膚科の施術費用は、それぞれの美容皮膚科独自で設定出来ることになっています。そのため美容皮膚科によっては、通常病院では行われていない「キャンペーン」や友だち紹介割り引きなども行われており、クリニックやまた施術を受けるタイミングによって金額に大きな差があります。

しかし値段設定が、安過ぎるクリニックには要注意です。

施術費用の設定は主に、使用するマシーンや医師や看護師が関わる人件費から算出されています。そのため施術費用が安い場合には、マシーンの精度に疑いがあったり、医師の関わりが少ない施術になってしまったりも有り得るといいます…。

ただ皮膚科の広告費を削り、口コミ頼りで集客していたり、そもそも薄利多売で営業しているところも実際にあるようです。 そのため一概に「安い=あまりよくない皮膚科」と断定は出来ません。ただ、安いには理由があるのは確か。気になる場合には、お試しメニューなどで確認をしてみましょう。

良いクリニックを見分けるコツは電話での質問でチェック

インターネットが普及している今、必要な情報はほぼホームページを見ればわかります。

美容皮膚科探しも同様に、診察時間や治療内容、医師の情報さらには予約も全てホームページで完了してしまいますよね。

しかし情報は沢山得られるホームページですが、実際のクリニックの雰囲気はホームページだけでは分かりません。

そこで良いクリニックを見つけるには、インターネットで興味のあるクリニックをいくつか見つけ直接電話をしてみてください。こちらの質問にも親身になって聞いてくれるのかや、言葉使いなども重要なポイント。電話口のスタッフが直接施術に関係するわけではなかったとしても、クリニックの雰囲気を察することが出来ます。

便利だからといって、良いクリニック探しをインターネットのリサーチで終わらせてしまわないように注意しましょう。

プレ花嫁が美容皮膚科で受ける【ブライダル美容】の内容とは?

美容皮膚科で結婚式を控えた花嫁が受ける施術を「ブライダル美容」といいます。

プランの内容はブライダルエステと大きな差はなく、ニキビや美白といった結婚式を控えた花嫁に必要な治療が主になります。更に美容皮膚科では、医師が常駐しているクリニックだからこそ受けられる疲労回復やヒアルロン酸注入のための注射、状態に合わせた内服薬の処方などがブライダル美容では行われているため、ブライダルエステと比べるとより効果的な施術を受けることができます。

ブライダルプランを提供している美容皮膚科であれば、5万円程でブライダルプランを受けることができるなど、実は美容皮膚科におけるブライダル美容は身近な存在でもあります。

ここでは、そんなブライダル美容の詳細をご紹介します。

お肌のあらゆる悩みを解決してくれる「ケミカルピーリング」

ニキビやニキビ跡、シミに色素沈着などあらゆる症状に効果のあるケミカルピーリング。専用の薬剤を使用して肌表面の不要な角質や皮脂汚れを除去します。

ブライダルエステでもケミカルピーリングを行っているサロンもありますが、美容目的であるため濃度は低め。対して美容皮膚科で行うピーリングは、皮膚疾患の治療を目的にされているので、使用する薬剤の濃度も濃く、背中のニキビや二の腕のざらつきには特に効果的といわれています。

平均予算や時間

施術する場所や範囲にもよって料金に差がありますが、1回に対しておおよそ1~2万円程度の予算をみておきましょう。また、所要時間に関してもお肌の状態に合わせて薬剤の添付時間が異なります。こちらもおおよそになりますが、30分?1時間程度の所要時間は念頭に入れておく必要があります。

美白に憧れるなら「レーザー・光治療」

女性憧れの美白を妨げるシミやそばかす。この悩みを解消してくれるのがレーザー治療や光治療です。いずれも、お肌に光りをあてて治療していくものですが、目的や症状に合わせて向き不向きがあります。

レーザー治療に向いているお肌の悩みは、長年お肌に残ってしまっているシミやそばかすなどピンポイントで消滅させたい部分があるとき。状態にもよりますが、1度の施術で効果が見られることも。

しかしお肌への負担はあり、赤みや炎症を起こしてしまうことも少なくありません。そのため施術後はダウンタイムが必要となります。施術をいつ受けるのかも他のスケジュールとの兼ね合いを見ながら調整しましょう。

一方、光治療は光を充てる範囲がレーザーと比べ広く、且つレーザーの力が弱い傾向があります。そのため、レーザーほど1回で抜群の効果は見込めないもののお肌への負担は軽減されます。お肌にゆっくり時間を掛けて治療していくのが光治療です。

ダウンタイムの心配もなく、施術後はすぐに日常生活に戻ることができます。

平均予算や時間

レーザー治療

照射する範囲にもよりますが、安いところでは2mm以下で3,000円~。1?となると1回で2万円程度にもなります。平均では5,000円~10,000円程。

直径1㎝くらいのレーザー治療でおおよそ10秒くらいの照射時間です。

光治療

レーザー治療に比べ治療範囲が広い光治療は、施術費用も若干高くなってしまいます。
「両頬」や「顔全体」の治療範囲で15,000円~。これは初回のお試し価格になっており、光治療の場合は複数回の治療が必要になるため、多くの美容皮膚科ではコース設定になっています。1クール5回コースで100,000円~250,000円程度の予算をみておきましょう。
所要時間はおおよそ30分~1時間程度です。

気になる脱毛は「医療用レーザー」で

クリニックで行われている脱毛も、他のマシーンと同様にブライダルエステに比べて効果が高くおすすめです。

結婚式を控えた花嫁が脱毛を意識すべき部位は、ドレスから露出している部分全て。

シェービングで産毛処理を出来るところもありますが、特に脇に関してはお肌がデリケートな部分でもあることからシェービングを行っていないサロンもあります。

脇は自分で処理出来る場所でもあることから、自己処理で済ませている人も多いと思います。しかし、安易な自己処理は毛穴を突起状に浮き立たせてしまったり、黒ずみを起こしてしまう可能性もあります。

大切な結婚式を控えているのであれば、トラブルを起こしてしまう可能性のある自己処理より、プロにお任せしてしまう方が安心です。また、一旦脱毛が完了すると永久脱毛の効果もあるので、これを機に脱毛をしてみてはいかがでしょうか。

平均予算や時間

脱毛をするのであれば、開始時期は施術回数が多ければ多い程効果が得られるので、出来るだけ早く行動に起こしましょう。

2ヶ月に1度程度の施術で理想は4回受けること。そうすれば、より綺麗な状態で結婚式を迎えることが出来ます。そのため、結婚式から逆算して半年くらいには施術をはじめておきたいですね。

医療レーザーの相場

クリニックによってかなり差がある医療レーザーの施術費用。相場は以下の通りです。

・両脇 1回相場 約5,000円 / セット(5回くらい)約30,000円
・背中 1回相場 約25,000円 / セット(5回くらい)約120,000円
・うなじ 1回相場 約10,000円 / セット(5回くらい) 約50,000円

所要時間は、レーザーを充てるのは1回でほんの0.1秒程。脇の脱毛だと1回の施術は5分程度で終わります。

産毛の処理といえば、花嫁に指示が高いのはシェービングです。ただ、脱毛に関しては結婚式の後も半永久的に持続するものでもあるので、費用はシェービングにくらべ高くつきますが、長い目でみればおすすめです。

「メディカルマシーン」で部分痩せ

ドレスの着こなしでポイントになるのは、メリハリのあるボディライン。だから頑張ってダイエットに励むプレ花嫁も少なくありません。しかし自己流で頑張っていてもなかなか効果が出ないことも…。そこで頼りになるのがクリニックのメディカルマシーンです。医療の力を使って、プレ花嫁をバックアップしてくれる強い見方です。

ブライダル美容の中には、クリニックのマシーンを使って二の腕やウェストなど効果的に部分痩せをするメニューもあります。

マシーンによっては、1回の施術でウェストがマイナス数センチという効果が得られることも!

平均予算や時間

施術を受ける部位と使用するマシーンによってかなり金額に差のあるメディカルマシーンでの部分痩せ。ウェスト1回で30,000円~50,000円程度の予算は見込んでおきましょう。

効果はあるとはいえ施術費用も高額になってしまいます。そんな時にはまずはお試しで体験してみてはいかがでしょうか?その場合だと、通常1回あたり5万円程度のものを5,000円で受けられる体験プランもあります。

目元のクマに効果的「ヒアルロン酸注射」

注射はクリニックで医師が常駐しているからこそ出来る施術です。特にヒアルロン酸注射は、真皮層に直接ヒアルロン酸を注入することで、ゆっくり水分が浸透し、更に保湿力に優れているので内側からハリを与えてくれます。

目の下のクマや、ほうれい線のシワ改善も期待できアンチエイジング効果も。即効性があり、施術直後からその効果を実感出来るので、結婚式まで時間がないプレ花嫁にはおすすめです。

平均予算や時間

ヒアルロン酸といっても、いくつも種類がありそれによっても金額が異なります。おおよその相場としては目の周辺で約60,000円。ほうれい線の改善であれば約100,000円程を予算としてみておきましょう。

施術時間は約30分程。効果持続は個人差もありますが約半年です。

結婚準備のお疲れモードは「点滴」でスッキリ

点滴は悩みに合わせた有効性分をダイレクトに血管に送り込むため、高い効果が見込めるブライダル美容の人気メニューです。

疲労回復だけではなく、美白やアンチエイジングなど目的に合わせて点滴内容を調合してオリジナルメニューを作ってくれるクリニックもあります。

平均予算や時間

クリニックによって「美白 1回8,000円」や、「ベーシック2,000円+オプション各1,000円」など価格設定は様々。目的や予算に合わせてクリニックを探してみても良いかもしれません。

所要時間は約30分~1時間程度。

美容医療を選んだ先輩花嫁の口コミをチェック

これから美容医療を受けようと思っているプレ花嫁にとって、先輩花嫁が受けて実際どうだったのかという口コミも気になるところだですよね。

ここで実際に美容皮膚科を選んだ先輩花嫁の口コミを見ていきましょう。

・周りの友達がエステサロンに通って、肌が荒れてしまった。自分は時間なく失敗したくなかったので、美容皮膚科にした

・敏感肌なので、医師のいる美容皮膚科は安心感が高かった。

・金額は少し高めだと思ったが、一生に一度の結婚式だったので奮発しました。元々肌に不安があったので、美容効果が高いと思ったので美容皮膚科を選びました。

・ブラダルエステのコース、プランの料金とクリニックの料金と比較したら、美容用の貯蓄の許容範囲内なだったので

・綺麗になるために、医師のサポートを受けたいので。

このように先輩花嫁の口コミをみていくと美容医療での「医師のサポート」という安心感は大きいようですね。

ブライダルエステでも、肌トラブルが起きないように細心の注意は払います。しかし、普段肌トラブルに無縁のプレ花嫁でも式前はストレスや多忙から、思いもよらない肌トラブルに見舞われることも…。その点、美容皮膚科なら医師が常駐しているため、急な肌トラブルにも迅速に対応してくれます。

一方、美容医療程の効果は見込めないとしても、ブライダルエステも美しくなるための手段の1つ。美容効果に加えて、リラクゼーション効果もあります。

結婚式を控えたプレ花嫁にとってはどちらを選ぶのかは難しい選択になるかと思いますが、お肌の状態、施術内容や効果、予算など総合的に考えて自分に合うと思われる方を選んでくださいね。

背中のニキビ跡はブライダルエステと美容皮膚科どっちに行くべきか?

ドレスの中には背中の大きく開いたデザインも多く、更にはゲストから後ろ姿を見られる時間が長い花嫁にとって、背中のケアはマストとも言える部位です。

にもかかわらず背中は普段目につくこともなく、服で隠れていることも多いのでケアも全くしていないというプレ花嫁も多いのではないでしょうか?

背中の皮膚は顔の皮膚に比べて分厚く、毛穴に皮脂や角質など不要物が溜まりやすい状態でもあります。背中は、ただでさえニキビが出来やすい環境なのにもかかわらず、お肌のメンテナンスもおろそかになりがちで、背中にまで化粧水やクリームを塗っているという人は少ないかと思います。

そのためドレス試着ではじめて自分の背中の状態を知り、愕然としてしまうことも少なくありません。

セルフケアでは改善が難しい背中のニキビ跡は、プロに頼ることをおすすめします。そこで疑問になるのがブライダルエステ、美容皮膚科どちらに頼るべきかという点です。

ニキビ跡の程度によってはブライダルエステの施術でも効果あり

使用する薬剤の濃度、マシーンのパワーいずれにしても美容皮膚科よりもブライダルエステの方が劣ってしまいます。必然的に、効果も低くなってしまうのは仕方のない話しです。

しかしブライダルエステで使用しているものでも効果がないわけではありません。

例えばピーリング。ブライダルエステで使用する薬剤は弱い酸性のものを使用するので、肌表面を整える作用はあります。背中のニキビ跡が赤み程度のものであれば、ブライダルエステでも一定の効果は得られるでしょう。また肌表面が綺麗になるので繰り返すニキビにもブライダルエステのピーリングは効果があるといわれています。

ニキビ跡治療に即効性を求めるなら美容皮膚科

医療系マシーンを使用してニキビ跡を治療する美容皮膚科。肌の表面から真皮層への治療に加え、症状に合わせて内服薬の処方と、内外からニキビ跡改善を計る治療法はブライダルエステの施術に比べて即効性と高い効果が見込まれます。

また、ニキビ跡でもセルフケアやブライダルエステでは改善が難しいと言われているクレーター状になってしまっているものや、ニキビ跡がしこりとして残っているものも美容皮膚科なら改善出来る可能性があります。

いずれにしても、結婚式を万全のお肌の状態で迎えるには、半年以上前の早い段階から定期的に施術を受ける必要があります。

ドレス試着をする際には、しっかり背中も確認をして早くから自分のコンディションを確認しておきましょう。

ブライダルではニキビ跡をボディメイク隠す方法もあり!

ブライダルエステでも、美容皮膚科でもどうしてもニキビ跡が隠せない、消しきれない場合には結婚式当日ボディメイクを施すという方法もあります。

結婚式で使われるボディメイクとは、女性ならおなじみのファンデーションのようなものをお肌に塗ることを指します。

通常のファンデーションよりも濃度は高く、塗るか塗らないかでお肌の印象は大きく変わります。また、肌色だけではなく微細な光沢のあるラメを混ぜている場合もあるので、光があたるとキラキラと光り肌の透明感がアップしているように見せる効果もあります。

殆どの式場では、メイク関係のオプションメニューとして用意されています。 ニキビ跡だけではなく、腕や手の甲にある小さなシミやくすみも隠してくれるので、ヘアメイクリハーサルなどでメイクさんにお試しで塗ってもらってみてはいかがでしょう。

ブライダル美容とブライダルエステは併用するべき?

即効性があり確実な治療を行う美容皮膚科のブライダル美容と、リラクゼーションをも提供するブライダルエステは理想をいえば、それぞれの強みを活かした併用がおすすめです。

しかし、いずれも決して安くはない費用が必要になります。

出来るだけ予算を抑えてどちらでも的確な施術を受けるためには、まず自分自身の今の体の悩みを明確にしておくところからはじめてみましょう。

お肌の状態に関しては、自己判断ではなかなか難しいところ。その場合には、ブライダルエステや美容皮膚科それぞれお試しプランなどを用意しているサロンもあるので、そこでカウンセリングを受けプロの意見を聞いてみるのも現状を知る方法の1つです。

適切な施術方法と、必要な施術期間を知ることで、ある程度の予算も算出することが出来ます。

ただ注意しておきたいことは、施術内容によっては一定の期間を空けなければいけないものがあるということ。

例えばピーリングであれば使用する薬剤にもよりますが「1回受けると1ヶ月程度間を空けた方が良い」といったバランスがあります。

併用するのであれば、それぞれで受けている施術内容を担当の方に報告しながら、肌トラブルを起こさせないように注意しておきましょう。

まとめ

今回は、ブライダルエステと美容皮膚科の違いや、それぞれのメリットなどをご紹介しました。

ご紹介したようにやはり医師が常駐する美容皮膚科の方が、ブライダルエステに比べると美容効果は高いようです。ただ、お肌の悩みや状態によってはブライダルエステでも充分に効果が得られるものもあります。

そこで大切になるのが、やはり自分のコンディションを早い段階からチェックしておくこと。それによっては、早くから施術を開始した方が良いものもあり、施術を繰り返し受けることで一定の効果が得られます。

またお肌のコンディションに関わらず式を控えたプレ花嫁には、お肌をツヤ肌へと導いてくれるシェービングやフェイシャルは特におすすめです。

このように受けるべき施術、受けておいた方が更に美しくなれる施術と、プレ花嫁が綺麗になるための選択肢は沢山あります。

結婚式までの期間や予算も加味しながら、自分至上最高に綺麗になれるよう頑張ってくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*