ブライダルエステの効果を持続させて結婚式をベストコンディションで迎える方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

結婚式という一生に一回の一大イベント。折角ならベストコンディションでドレスを着こなしたいですよね。そこで頼りになるのが、ブライダルエステ。

プロの手を借りて「自分至上最高に綺麗になる」お手伝いをしていただくわけですが…。決して安くない費用です。出来ればブライダルエステは効果的に、且つその効果を持続させておきたいものです。

そこで今回はこの記事を読んでくださっているプレ花嫁の皆さんが、結婚式を万全のコンディションで迎えられるために、ブライダルエステの効果を持続させるための方法を解説致します。

ブライダルエステの効果を持続させるための7つの方法

ブライダルエステの効果が持続する期間は、個人の体質や生活習慣と大きな関わりがあります。そのため、ブライダルエステを「受けるだけ」で満足してしまっては、効果の持続は見込めません。

確かにブライダルエステを受けると効果はあります。ただしその効果は、エステティシャンの技術によって一時的に現れるもの。つまりその効果を持続させるためには、セルフケアが何よりも大切になります。

ブライダルエステの効果や持続には、個人の体質や生活習慣の影響が大きいと言われています。なぜなら、ブライダルエステの位置づけはあくまでも「ベストコンディションへ促すためのお手伝い」という立ち位置。そのため効果を持続出来るかどうかは、施術を受けた本人に大きく関わっているといっても過言ではありません。

そこで、ブライダルエステの効果をより長く持続させるための7つのポイントをご紹介します。

1.毎日の適度な運動

適度な運動は、ブライダルエステの効果を持続する美容面だけではなく気分をリフレッシュさせストレス解消や、自律神経を整えるなど様々な効果が見込めます。

その中でも特にウオーキングや、ストレッチなどの有酸素運動がおすすめです。有酸素運動は体に4つの効果が期待出来る運動なので、是非ブライダルエステ後に取り入れてみてください。

有酸素運動の効果

1. 血行が良くなり全身の代謝が促される。代謝がよくなることでダイエット効果がアップする

2.体全体にバランスの良い筋肉が付き全体がシュッとした印象へ

3. 適度に筋肉がつくことで骨盤が安定し、ウェスト周りや下腹が引き締まる

4. 運動をすることでグレリンという食欲を抑えるホルモンが分泌され、それが原因で食欲が抑えられる

お仕事が忙しく、なかなかウオーキングの時間を取る事が出来ないという方もいらっしゃると思います。そんな方は、日常生活の中で動き方を少し変えてみるだけでも効果は見込めます。

例えば、

・エスカレータを使わずに階段を使う
・帰宅時には一駅前で降りて歩く
・荷物の少ない買い物などであれば、自転車は使わずに歩く

このような些細なことでも、積み重ねる事で体へ効果的に作用します。

2.体を冷やさない

体が冷え血流が悪くなっていると新陳代謝が悪くなり、老廃物が排出されず体内にとどまってしまいます。そのため、ブライダルエステでは血流を良くするマッサージやマシーンを使ったケアも行われいます。

ブライダルエステによってほぐされた体は、一時的に血流を活性化させます。施術後に、体が軽く感じたり顔をはじめお肌全体のくすみが取れ血色が良く感じるのは、この効果があるからです。ブライダルエステによってほぐされた体は、一時的に血流を活性化させます。

女性に冷え性が多いのは理由がある

女性は男性に比べ、筋肉量が少ない体質です。そのため、体の中で生産されるエネルギー量が男性に比べてすくなく少なく、体内温度が低くなってしまいます。また女性特有の臓器(子宮や卵巣)も、月経などの関係から血流が悪くなり冷えの原因と言われています。

簡単に出来る!冷え性を改善する方法

1.お風呂上がりのストレッチ

元々冷えやすい女性の体質を改善するには、毎日数分で良いのでストレッチがおすすめです。 お風呂上がりなど体が温まり血流が良くなっているときが、ストレッチ効果をより効率よく上げるタイミングです。

2.ふくらはぎの筋肉を鍛える

またふくらはぎの筋肉を鍛えると、冷え性改善に繋がります。 ふくらはぎは「第二の心臓」とも言われる程、血行には大切な部分です。なぜなら、重力により下へと流れていく血流を上へと押し流すポンプのような役割を担っているから。ふくらはぎの筋力が弱っていると、体の端々まで血流を流すことが出来ず、足の冷えやむくみの原因にもなってしまいます。

ふくらはぎを鍛えるのは、歯磨き中や信号待ちなど何気に立っているときに、少しつま先立ちをするだけでも充分に効果はあります。

良好な血流で体温を少しでも上げていれば、ブライダルエステの効果も出やすく、また持続しやすい体質にもなります。冷え対策はブライダルエステを受ける前から、気にかけるようにしておいてください。

3.バランスの取れた食生活

痩身エステを受けた人は特に、体型維持への意識から極度の食事制限をしがちです。しかし間違ったダイエットは、お肌のコンディションを著しく低下させ、健康への負担もかかってしまいます。

カロリーを減らすばかりのことを考えていては、栄養バランスが偏ってしまいます。必要な栄養素を摂取出来てない体は、必要以上に栄養素を取り込もうとし、逆に痩せにくい体質となってしまいます。綺麗に健康的にダイエットをするのであれば「栄養バランス」という観点はおさえておきたいポイントです。

では、実際に痩身エステを受けた後に摂りたいおすすめの成分をご紹介します。

・ビタミンCやEは老化の原因である活性酸素を抑制する働きがあります。ブロッコリーやほうれん草、緑黄色野菜がそれにあたります。

・大豆製品においては特に美容に嬉しい成分が含まれている優秀な食品です。肌の潤いを保つタンパク質や、肌の再生を助けるビタミンに便秘予防にもなる食物線維など肌にとっては嬉しい効果のある成分が多く含まれています。

体内からバランスを整えることは、ダイエット目的だけではなく、美肌への近道にもなります。ブライダルエステの後には栄養バランスを考えながら、規則正しい食事を心掛けてください。

4.適切量の水分摂取

体内に取り入れられた水分は、栄養分や老廃物を運ぶ役割を担っていて、デトックスには欠かせないものです。そのためお水は、積極的に摂りましょう。

水を摂取する量の目安としては「自分の体重×30倍」といわれています。

例えば、

(例:体重が50kgの女性の場合)

50kg×30=1500ml の水分摂取が1日の目安になります。

水分をむやみやたらに必要量を摂取すれば良いというわけでもありません。お水を摂取するには、以下の3つのことに気を付けながら取り入れてみてください。

1.水は常温で飲みます。冷たい水は血管を収縮させ冷えの原因にもなってしまうので避けましょう。

2.一度に大量の水を飲んでしまうと、体内に蓄えられず排出されてしまいます。そのため摂取は等間隔の時間をあけてください。

3.水のまま飲んでください。コーヒーや紅茶などを「水分」とし、摂取してしまうと利尿作用もあることから、折角摂取した水は体に溜まることなく排出されてしまいます。

このように水分摂取は、適度に的確に摂りながらデトックスを目指しましょう。

5.質の良い睡眠を摂る

お肌にとって睡眠を摂ることはとても大切なことですが、更に「睡眠の質」にも目を向けておきましょう。

特に「睡眠の時間」がポイントです。22時から深夜2時の間は、成長ホルモンが分泌されていてお肌にとっては「ゴールデンタイム」ともいわれている時間です。睡眠を摂るのであれば、特にこの時間帯を意識しながら体を休めてください。

ターンオーバーが行われているのは、主に睡眠中です。睡眠を摂らない、また睡眠時間が少ないとなるとターンオーバーの機会を失っているということ。肌が綺麗になろうとしているチャンスを自ら逃してしまっています。折角のブライダルエステの効果も、これでは持続しないのも無理はありません。

肌質を改善したいのであれば、化粧水や乳液など外側からのアプローチばかりではなく、こうした睡眠の質にも注意しておきましょう。

6.スキンケアは普段のケアにプラスα加える

ブライダルエステで整えられたお肌を持続するためには、普段よりもしっかりとスキンケアにもこだわってください。

特に「保湿」と「美白」においては、お肌のベース作りでもあり、ウェディングドレスをより綺麗に着こなすためには注目しておきたいケアです。

保湿

これまでのケアにプラスαのケアをしましょう。 例えば、ブースターといわれる導入液。今持っている化粧水や乳液などを、よりお肌に浸透させる役割を担っています。

そして、美顔器もプラスαのケアとしておすすめのアイテムです。 美顔器の中でもイオン導入機能のある美顔器は、今持っている化粧水でも使用することができ、人の手だけでは浸透しにくい奥深くまで浸透させる効果があります。

美顔器はインターネットや家電量販店でも購入出来ますので、気になる方はチェックしてみてください。

美白

結婚式を控えたプレ花嫁にとって、日焼けは絶対避けておきたいもの。今あるシミをこれ以上増やさないように、しみ予備軍を悪化させないためにも日焼けには充分注意しておいてください。

紫外線が強くなる春先以降だけではなく、冬も紫外線は微弱ながら浴びてしまいます。指の先から、首周りやデコルテにもしっかりと日焼け止めをぬっておきましょう。

また背中も注意が必要です。結婚式当日は、ゲストから360度見られています。オープンバッグのドレスなどであれば、背中の美しさも着こなしのポイントです。そのため、目が届かない背中にもしっかり日焼け止めを塗っておきましょう。

しかし背中は、手が届かないので塗りにくい事もあるかと思います。その場合にはスプレータイプのものを使用すると、比較的カバーしやすくなるのでおすすめです。

7.適時に栄養ドリンクを摂取する

栄養ドリンクを飲むことも、美容面には効果があります。食事だけでは補えない栄養分などをサポートしてくれるので、適時に使ってみてください。

栄養ドリンクには、疲労回復や冷え性対策、ビタミンの積極的な摂取など様々な目的があります。自分の求める栄養素を確認しながら選びましょう。また栄養ドリンクには、1日摂取可能な本数が記載されています。購入時には栄養ドリンクに含まれている栄養素と合わせて、摂取可能本数もチェックしてください。

ツヤ肌をキープ!フェイシャルエステの効果と持続させるためのコツ

ブライダルエステの中でも、特にプレ花嫁が多く気にしているのがフェイシャルエステ。フェイシャルエステによって整えられた肌を少しでも長くキープをし、結婚式を透明感のあるツヤ肌で迎えるためのコツと効果が一番発揮される期間についてご紹介します。

フェイシャルエステを受けると効果はある!しかし…

一般的に行われるフェイシャルエステの一連の流れはこの6つのステップで行われます。

1.スチームを使って肌表面を温め、皮膚を柔らかくして毛穴を開きます。

2.クレンジング剤を使用し、開いた毛穴から汚れを取り除きます。

3.ゴマージュやピーリングなどで、不要な角質を取り除きます

4.マッサージで血流を良くし、顔のコリを解消します。

5.お肌の状態や必要に応じてマシンでの施術もあります。イオン導入や超音波などです。

6.お肌へ栄養を浸透させたり、火照ったお肌を沈静化させるためパックをします。

プロの手でここまでのケアをしてくれるフェイシャルエステは、結論としてお肌への効果は存分に期待出来ます。

しかし効果の出方や持続期間などは、その受ける人のお肌の状態にもよります。なぜならフェイシャルエステを受けるまであまりケアをしていなかった人は、やはりお肌の乾燥も進んでいて、代謝も悪くなっています。そのため、一度のケアではその場で効果があったとしても、持続する期間は短くなってしまうと予想されます。

一方、普段からお肌の状態を意識しながらケアしている人は、お肌のコンディションなどベースが整っていることからフェイシャルエステを受けても効果がでやすく、また持続期間も長いでしょう。

つまりフェイシャルエステの効果や持続期間は、受ける前のお肌の状態も大きく関わっているということです。

プロが施術するフェイシャルエステだからこそ得られる効果がある

フェイシャルエステは、リフトアップやくすみからニキビ跡に美白など、女性にとって美容におけるあらゆる悩みの種を改善してくれます。

基本的にセルフケア出来るのは「肌表面のケア」止まり。それがプロの手で受けるフェイシャルエステでは、肌の奥深くまでのケアに効果的です。保湿や美白にとどまらず肌質改善まで期待することが出来ます。

だからこそフェイシャルエステは、費用を出してでも受ける価値のあるものだといえます。

施術後はセルフマッサージも有効

ブライダルエステですっきりしたフェイスラインを持続するためには、自分でマッサージすることも有効的です。特にむくみが気になるときには、自分でマッサージをしてみましょう。

むくみの原因は、過剰な水分摂取や、血行不良により老廃物を運ぶリンパの流れが滞ることが原因です。だから、リンパの流れを良くするマッサージをすることでむくみも改善出来ます。

マッサージはお風呂上がりなど、体が温まり血行が良くなっている時にするとより効果的です。

また、マッサージと合わせて血流を悪くする原因を作らないことも大切です。 むくみの原因ともなる塩分の摂り過ぎに注意しながら、余分な水分を排出するために利尿作用のある大豆製品などを積極的に摂取するようにしましょう。

目的に合わせてエステに行く頻度とベストタイミングを知る

フェイシャルエステを受けるベストタイミングは、エステを受ける目的にもよって異なります。

むくみやくすみなどの改善が目的なのであれば、血行不良を解消すれば比較的即効で効果が見込まれるため、少ない回数で結婚式直前に受けても有効でしょう。

しかしニキビや黒ずみなど、肌質を改善する必要のある肌トラブルであれば更に長期間、頻度も高く通う必要があります。肌の新陳代謝であるターンオーバーのサイクルにも関係するので、少なくとも1ヶ月かそれ以上の期間が必要です。最初は1週間に1度を目安に基礎代謝を改善することからはじめます。お肌の基礎代謝が整ったら、2週間に1度くらいが通う頻度としてはおすすめです。

痩身エステはたった一回の施術でも「一時的」な効果はある

仕事と結婚準備でなかなかエステに行く時間の取れない人や、予算の関係で何度もエステを受けられない人など、複数回ブライダルエステを受けられない人もいます。

そんな時に気になるのが、1回痩身エステに行くだけでも効果があるのかどうか。というところでしょうか。

確かに一度の痩身エステで、瞬間的には二の腕やウェスト周りなどほっそりすることもあります。ただしこれはエステティシャンのマッサージや、痩身マシーンなどを利用して一時的にむくみやセルライトがほぐれたことによる効果です。

これはあくまでも「一時的」な効果であり、この効果を持続するためには痩身が必要になってしまった体質を改善することが大切です。一度セルライトが解消されたとしても、痩身エステを受ける前と同じ生活習慣をしていては、すぐに状態は施術を受ける前に戻ってしまいます。

痩身エステの際には、生活習慣に関するアドバイスも受けることが出来ます。自分に合った生活習慣の見直しにより、施術時だけではなく生活面からもサポートしてくれるのです。プロからのアドバイスは是非痩身エステ後に実行してください。

このように1回の痩身エステに効果と持続を期待するのであれば、食事バランスや適度な運動など生活習慣の改善を心掛けるようにしましょう。

まとめ

このように折角受けたブライダルエステを、より効果的に且つ持続をさせるためには、肌質や体質、筋肉の付き方によって変わってきます。

そのために大切なことは、ブライダルエステを受けることだけを目的にするのではなく、エステを受けた後の生活習慣にも気を配る必要があるということです。

些細な事の積み重ねですが、その努力はきっと成果となり結婚式当日には、ブライダルエステの効果を感じられるベストコンディションで迎えられることでしょう!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*