ブライダルシェービングは何日前がいいのか確認する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

挙式を最高の状態で迎えるために行うブライダルシェービング。顔の産毛はもちろん、肌表面の古い角質を取る事で、化粧ノリが良くくすみも消え明るい表情に仕上がります。

しかし剃刀を使った本格シェービングは、敏感肌や肌が弱いと感じる人だと、肌が荒れたりトラブルの元になってしまう事も。自分の肌の状態が分からず、シェービング翌日に赤みが残ってしまった。という最悪な状況にならないために、いつ受ければいいのか気になるポイントをまとめてみました。

何日前にブライダルシェービングを受けると挙式に間に合うか、先輩花嫁の「シェービング失敗談」と一緒に、注意点や段取りをチェックしましょう。

ブライダルシェービングは一般的に3~7日前までに受ける

挙式直前や前日に施術を受けてしまうと、思わぬ肌トラブルが起きた場合、肌の回復が間に合わなくなる事があります。問題が起きても大丈夫なように、肌が鎮静化する3~7日前に受けましょう。

シェービング直後は、肌表面の角質と産毛が取り除かれる事で、皮脂の分泌が盛んになります。1~3日程度で肌が落ち着くので、化粧くずれのない素敵な肌で、挙式当日を迎える事ができます。

アトピーや敏感肌、肌が乾燥している人は、万が一に備え4~8日前までにシェービングを受けること。余裕がある人は、お試しシェービングで肌の状態を確認し様子をみましょう。

肌トラブルが起こると、当日のメイクでどうかしようと思っても、ヒリヒリしたり無性に痒くなったりして、結婚式を120%楽しめなくなるので、挙式直前のシェービングには要注意。本格シェービングを受けるなら、最低でも3日程度あけておくのが鉄則です。

3日前は無理な人は、いつまでに行けばいいのか

挙式前は、プランナーとの打ち合わせや仕事の都合で「この日しかシェービングの時間が取れない」という花嫁の皆さんも多いようです。

前日や2日前といった挙式の直前と、時間がある3~7日以上前の、どちらでシェービングを受けるか迷ったら、3日以上前に施術してもらいましょう。

直前に何かあっても対応できないので、時間がない人は前日にソフトシェービングを受けるように。

早く剃ったら毛が生えてくるんじゃないの?

ブライダルシェービング早くを受けても、毛がが生え変わる毛周期は、約2ヶ月ごとで生え変わるので、すぐに生えてくることはありません。

直前に受けて、肌が赤くなるよりも少し前に受けて万全な状態をキープしておきたいものです。

直前に予約をするとエステサロンから断られる事もある

サロンによっては、直前の本格シェービングを断っているところもあります。現代の女性は、「睡眠不足」「不健康なライフスタイル」「不摂生な食生活」によってストレスを抱えがち。

ターンオーバーも乱れている事も多く、ちょっとした刺激でも些細な肌トラブルになってしまう事も。

そのため、挙式前日や前々日の本格シェービングは花嫁側もサロン側も不安やリスクが大きいため断るというのが最近の実情です。「式は明日なんです」と言われても、サロン側も対応できません。

直前のブライダルシェービングを断っている理由

だいたいのサロンのコースを確認すると、挙式の3~5日前までは本格シェービング。前日や前々日にはソフトシェービングで対応しているケースが多くみられます。

・施術直後は、個人差もあるが人によって赤みや肌トラブルが発生しやすい

・肌が鎮静化するには、どうしても数日間必要になるため

・シェービング後は通常よりも皮脂が多く出るので一時的に化粧ノリが悪くなる

・病院に行くほど肌が悪化しても、エステサロンも責任を取れない

直前の駆け込みが、いかに危険かわかっていただけたでしょうか。どうしてもシェービングを受けたい人は、エステティシャンと相談して「ソフトシェービング」に切り替えることも視野にいれましょう。

ブライダルシェービングの予約をする時は、直前OKとなっていても、ソフトシェービングか本格シェービングのどちらかか確認しましょう。

挙式から逆算してシェービングの種類を変える

本格シェービングとソフトシェービングの違いと、施術を受ける事が出来る期間を比較します。

シェービングの種類と挙式前に受ける期間

・本格シェービング:挙式の3日前~7日

・ソフトシェービング:挙式の前日~2日前

シェービングは、この2種類に分けられます。根本的な違いは剃刀を使うかどうか。本格シェービングが剃刀を使って施術をするのに対し、ソフトシェービングは電気シェーバーを使った施術になります。

本格シェービングのメリット・デメリット

表面の角質まで取り除く分、肌は刺激に弱くなります。術後のスキンケアには十分注意しましょう。

メリット

・理容師がカミソリを使い、古い角質と産毛を根本から除去する

・肌のトーンが明るくなり、見た目もスベスベに

・毛穴が小さくなる事でニキビが出来にくい肌を作る

・化粧水の浸透やファンデーションのつきがよくなり化粧ノリがアップ

デメリット

・挙式直前はNG!肌トラブルが起こらないように事前に予約が必要

・どのエステサロンでも出来るわけではなく、理容師の資格がないとダメ

ソフトシェービングのメリット・デメリット

挙式やブライダルフォトまでの期間に合わせて選ぶ事ができる。電気シェーバーを使って毛を刈るので、肌のダメージが少なく挙式前日でも対応可能。

メリット

・市販の電気シェーバーを使うのでエステティシャンでも施術が可能

・肌への負担は少ないので、挙式直前にも対応してくれるサロンもある

デメリット

・産毛がまで刃が届かずしっかり処理できないので肌もそれほど明るくならない

・肌トーンや化粧のりアップ効果はそれほど期待できない

・剃りムラが出やすく下手な人だと肌にダメージを与える事もある

挙式直前でも対応できるのがソフトシェービング

ソフトシェービングは、美容グッズの電動シェーバーでシェービングをする事です。

電動シェーバーは、毛を剃るというよりは毛を刈るような仕組みです。実際に刃が肌に触れないのでカミソリに比べると、肌の負担が少ないのが特徴です。

どうしても時間が取れずに直前で処理をするのであれば、ソフトシェービングにしましょう。ただし、顔以外の毛が長い部分は、毛の立ち上がりが悪く中の刃にうまく当たらず切れない事もあるので、トリマーなどで一度処理をしてから使うと効果的です。

肌に触れないため毛を深く剃る事が出来ないので、産毛を完全には処理する事は出来ません。化粧ノリを良くする効果も薄く、自分で処理した場合には産毛の剃り残しがムラになり、ライトアップされた時に、産毛によって光の高低差が影となり、くすんだ印象になってしまう事も。

電動シェーバーは、小さい範囲の日常使いには良いかもしれませんが、人生の最良の日にはおすすめできません。肌のホワイトニング効果が欲しいのであれば、3日前までに専門のブライダルサロンや理容室で本格シェービングをお受ける事をおすすめします。

ブライダルシェービングはきちんと予定に組み込もう

挙式前は、仕事はもちろんプランナーとの打ち合わせ、挨拶周りでやる事がいっぱいになる人が多いのでスケジュールには余裕を持つようにしましょう。

早すぎて失敗しちゃいました!(27歳:OL)

結婚式前はバタバタで日程が中々組めなくなると思っていたので、3週間前くらいにシェービングを受けました。何も問題はなかったのですが、式前に母親に背中を見てもらうとうっすら生えてきていました。即席で除毛クリームを使ってきれいにしましたが、気が付かないまま当日を迎えなくてよかったです。家を出るまでに手が届かない所は母親に保湿クリームを塗って大丈夫でしたが、気が付かないとドレスから産毛が黒っぽく見えてしまったなんて考えるとゾッとしました。

早すぎるシェービングには注意が必要です。面倒でも時間をつくり1~2週間前にシェービングを受けるとよかったですね。また保湿クリームを忘れない事もポイントです。

忘れていて失敗!直前過ぎは注意(31歳:営業)

いろんな事に時間が取られ、シェービングは後まわしにしていました。エステティシャンとも話していたのですが、後でやろうと思ってオプションを付けずにいました。やっぱりシェービングはやっておいた方がいいですよと言われましたが、時期的に剃刀シェービングは出来ずに、電気シェーバーをお願いしました。もっと根本まだ剃って欲しかったのですが、肌がダメージを受けると、赤くなってしまうかもと言われたので断念。挙式には間に合いましたが、こうなるなら最初からオプションに入れておけばよかった。

最初は節約のために、シェービング代をケチりたくなってしまいますが、いざ式目前になると、やっぱりあれもこれもしたいと思うものです。一生に一度の事なので、数千円を節約するよりは、数千円払って最高の式にした方が心残りがないのではないでしょうか。

ブライダルシェービングを受けた先輩花嫁の声

エステとシェービングは一緒に受けないように

シェービングをしてもらった後に、もう大丈夫と思ってブライダルエステを受けに行きました。終わった後あとで肌が赤くなってしまい、「実はシェービングを受けました…」と事後報告。エステティシャンから軽いお叱りを受けました。シェービング後は肌が敏感になっているのでエステを受けない方がいいとの事でした。数日間赤くなっていましたが、式までに若干ひきました。赤くなったままだったらどうしようとびくびくしていましたが、無事挙式には赤みが引きました。

シェービング後は、肌の表面の汚れや角質が落ちているので、肌はダメージ受けやすい状態になっています。それ加え、エステによって肌に摩擦を加えてしまったので、このような事になってしまったんですね。自己判断はいけません。

くすみのない顔にしようと頑張ったら

シェービング後はなにもなかったのに、家に帰ったら赤くなりました。顔を明るく見せたいと思って使った「スクラブ洗顔」や「ピーリング洗顔」が原因だと思います。よくよく調べたら、シェービング後はやっちゃダメなんですね。肌に効きそうな、保湿関連の高級スキンケア商品を買ってケアしました。そういえばサロンでも注意されたことでした。

ブライダルシェービング後にしていけないことは、刺激しない事、日焼けもダメです。せっかくと思ったやったことが裏目にでる事も。十分な睡眠、保湿重視のスキンケアで健康肌をキープしましょう。

失敗しないためには試し剃りを受けて肌の状態を確認する

プロが使う剃刀は、切れ味がいいので自分でケアをしているから大丈夫という人も注意しましょう。

想像していたより忙しい結婚準備ですが、肌の透明感や化粧ノリをよくするために本格シェービングを受ける人は、事前に時間を作りリハーサルのつもりで試し剃りを受け、剃った後の肌の様子を確認しておくと安心です。

敏感肌やアトピー肌、皮膚が弱い人は場合によっては、ソフトシェービングに変更するといった対策も必要です。

シェービングと並行してエステサロンに通ってる場合は、エステティシャンに相談し、この先の流れやケア方法を聞いておくことで失敗しないように考えます。

ブライダルエステとシェービングの店舗が違う場合は、シェービング後のエステは控えるようにします。剃刀の刃によって、皮膚の表面がピーリングされるので、エステの刺激を受けることで肌トラブルの元になってしまう事があります。

当日は、ドーランのようなものや、濃いメイクにより、肌トラブルがおこった場所がヒリヒリしてしまう事もあります。ブツブツになってしまい最悪の肌になってしまわないように、時間を見つけて試し剃りを行くのがおすすめです。

ブライダルシェービングをする箇所・範囲は決めておく

シェービングを受ける前に、ドレスの試着は必須となります。和装・洋装どちらもどのくらい肌が露出されるのか確認してからシェービングを受けにいきましょう。

代表的な露出部位

和装用(白無垢など)…顔、うなじ

洋装用(ウエディングドレス)…顔、うなじ、デコルテ、腕、背中

試着をしてから、前・横・後ろと写真を撮ってもらい、エステティシャンに見せ、ブライダルシェービングをする部位・範囲・箇所・形を決めます。

顔のシェービングはもちろん、ウエディングドレスから見えるデコルテや二の腕、背中部分を確認しておくこと。

自分剃りはNG!顔も体もトータルでプロにお任せ!

顔をパッとさせたいなら、目元や耳たぶ、小鼻などの処理もお願いしましょう。「顔は自分で出来る」と思っても立体的な部分は難しく、カミソリ傷になってしまってからは取り返しがつきません。

人気サロンのコース一覧(1dayシェービングコースのみ掲載)

ヒロ銀座コース一覧

【1day】ブライダルシェービングコース:45分

顔そり・襟足そり・眉カット・顔マスク・背中そり
3,780円(税込)

【1day】ブライダルフルコース:70分

顔そり・襟足そり・眉カット・顔マスク・背中そり・腕~指先そり・デコルテそり
8,640円(税込)

【1day】プレミアムパーフェクトフルコース:100分

顔そり・襟足そり・眉カット・顔マスク・背中そり・腕~指先そり・デコルテそり・顔ピーリング・全身ピーリング・全身パック
19,980円(税込)

ブライダルエステ専門店 美4salon

【1回】前撮り和装プラン【本格シェービングで明るい素肌に】:75分

顔、襟足、背中、クレンジング、ウォッシング、フェイシャルマッサージ、フェイシャルイオン導入、肌別マスク(フェイス)
14,850円(税込)

【1回】花嫁必須!シェービングエステプランでツヤ肌を実現:120分

顔、襟足、背中、クレンジング、ウォッシング、フェイシャルマッサージ、保湿マスク、バイオニックセルサー、保湿パック(背中・襟足)
20,900円(税込)

ブライダルエステ専門 ヴァン・ベール

【1day】式直前でもまだ間に合う!1day集中美白コース:170分

フェイシャルクレンジング・フェイシャル&首・デコルテ 洗浄・美シルト美白・マッサージ・悩み別ローションクリーム保湿・シェービング(顔/襟足/背中)
28,000円(税込)

現場のプロから見たブライダルシェービングの注意点

・事前にシェービングをすると、様々な理由で挙式に間に合わせる時期がわかる。

・産毛が髪の毛のように濃い人は、生え際が直線でないので3日ももたない事もあります。その場合はえりのシェービングだけを挙式の前日に施術する事もある。

・私は肌が強いです。という人はシェービングがまともに出来ないこともあるので注意。自己判断は危険です。

・妊娠している人は、体調不良で施術にいけないこともあるのでサロンにあらかじめ報告しておきましょう。サロンごとに妊婦特有の悩みを考慮したプランがあるか確認しておくとスムーズです。

・妊娠周期によって日ごとに体調や肌が変化するのでマタニティシェービングプランがあるサロンにお願いしたい。※主治医より、安静指示のある方は施術が出来ない場合もあるので注意。

・脱毛は少なくとも挙式までの準備期間が半年以上ある花嫁向き、時間がないならシェービングの方がおすすめです。

まとめ

個人差もありますが、ブライダルシェービングは3日前までしておくようにしましょう。時間があれば、ドレスの試着と一緒の日に試し剃りを受け、肌の状態を確認しておきましょう。

顔のシェービングをする事で、ファンデーションの密着がよくなり浮いてしまう等のトラブルも改善するため、前撮り・挙式ともにシェービングは必須。

バックが空いたドレスを着る場合は、背中のシェービングもする事で、見た目もツルツル触ってみてもすべすべの綺麗な背中に仕上げる事ができます。

そこまで気にしない人は本番だけで大丈夫だと思いますが、一生に一度の事なのでシェービングをやった方が後々に後悔する事はありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

*